| CADPACの概要 | CADPACの種類 | 使い方 | その他CADニュース | Q&A | 質問募集 | CAD用語辞典 | 素材ダウンロード | CADPAC | オートキャド | マイクロキャダム

CADPAC-CREATORの特徴・仕様 はキャドパックの使用方法や貴方の質問・疑問に答えます

■CADで資格取得してみませんか?まずは、公式ガイドブックでチェックしよう!



CADPAC-CREATORの特徴・仕様

キャドパック・クリエイター(CADPAC-CREATOR)は、デザインクリエィションが販売しているCADPAC製品の最新版になります。
従来のFUSIONとは違い、操作性や機能が格段に向上されています。
このCADPAC-CREATORの最大の特徴は、二次元と三次元を統合させている点にあります。
2次元は面的な製図しかできませんでしたが、3次元を取り入れる事により、体積計算、ある空間での面的なデータを取り出すことができるようになります。
素晴らしいのは、二次元のデータ(図面)をそのまま読み込み作図する機能が3次元が付いている事です。これならば、既存の2次元データも3次元の図面にする事ができますね。

データ変換機能も大幅改善されたCADPAC-CREATOR

従来のFUSIONにもその機能はありましたが、さらにデータ変換が改善されています。
他社のデータ、例えば、AutoCAD(オートキャド)やjw_cadなどのデータを、直接変換して、CADPACに読み込ませる事は、従来より出来ていましたが、他社の3次元データを変換する事も出来るようになりました。これで、かなり汎用性が増える事になります。
また、3次元対応となる事で、機械・土木・建築分野では、従来、体積計算、数量計算は2次元の図面から読み取る方法しか無かったのですが、三次元データを組みこむ事で、こられの事も容易にできる世界に入りつつあります。
なお、昨今、特に土木の分野では、建設CALS・EC、つまり電子納品への対応が図られていますが、その際に、仕事の相手側、つまり施主側に図面を納めるる際、CAD製図基準などに合致したCADデータを提出する必要があります。
特に国土交通省に納める図面は、それが一般化しており、今後、民間会社の業務もそれに習う事になります。
その際に、CADPAC-CREATORには、強力なデータ変換機能が搭載されていますので、例えば、キャドパックをオートキャドに変換したり、またその逆も可能です。
よく使われるCAD標準フォーマット「SXFフォーマット」の変換も可能です。
土木CAD製図基準(案)には、図面のレイヤー名称、線種、線の太さ、色等細かに規定されていますが、線スタイルの変更やレイヤー名称の引継ぎなどができるコマンドも備えています。
これならば、相手に納品する際にも、図面が乱れる事無く納品が可能ですね(^^
このように、データの入力・出力機能がかなり改善、性能アップしています。
ちなみに、キャドパッククリエイターは、2Dと3D(二次元と三次元)に分かれて販売されています。
3Dは、2D版のデータをそのまま準用可能です。
この製品の詳細ついては、下記をご覧下さい。
▼CADPAC-CREATORの詳細な製品データ▼

| CADPACの種類


AutoCAD、JwCADも学んでみたい!という方に・・・

最近のCADオペレーターは複数のCADを使える方の方が多いです。
もし、本気でスキルアップを目指すなら、汎用性の高いAutoCAD、JwCADも学んでみてはいかがですか?

まずは、通信講座やスクールの資料を取り寄せてみて下さい。

>>「CAD利用技術者試験1級」の資格にも対応!がくぶんのCAD講座の詳細はこちら

CADPAC-CREATORの特徴・仕様は参考になりましたか?

CADPACに関して他にありましたら、QandAからお調べ下さい^-^
また、ご要望等がありましたら、当方までお気軽にお問い合わせ下さい。

<<[前]製品のサポートや修正版のダウンロードについて
>>[次]CADPAC-CIVILの特徴・仕様

CADPAC.netのTOPへ
"CADPAC-CREATORの特徴・仕様"のTOPへジャンプ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。