| CADPACの概要 | CADPACの種類 | 使い方 | その他CADニュース | Q&A | 質問募集 | CAD用語辞典 | 素材ダウンロード | CADPAC | オートキャド | マイクロキャダム

CADオペレーターが建設業界で不足!? はキャドパックの使用方法や貴方の質問・疑問に答えます

■CADで資格取得してみませんか?まずは、公式ガイドブックでチェックしよう!



CADオペレーターが建設業界で不足!?

CADオペレータが建設業界で不足 CAD&CGマガジン2月号によると、CADオペレーターの人材が不足しているとの事だ。
 
キャドオペレーターと言えば、派遣職員がその担当となっている会社は多いであろう。
特に建設土木分野においては、道路、鉄道(高架や地下構造)、建築それぞれの分野によって、そのキャドオペレーターが取り扱うべきCADスキルが大きく異なっている。
 
そのため、派遣業界では、様々なCADスキルを派遣会社内部で学習する事により、高い技術力を維持する事が、不可欠となる。
 
しかし・・・
そのような幅広いスキルを持った人材は、大手ゼネコン、コンサルタントなどに当然の事ながら雇われる事になるため、新規人材の育成が課題となっているようだ。
 
特にAutocad技能を持った派遣社員のニーズが多いようであるが、CADも業界ごとに使用されるソフトウェアが異なる為に、多種多様なCADソフトを扱える人、CAD資格を持った人材は重宝されている。

CAD資格試験を受験人数やCADスクール受講は有効か?

興味深いデータがある。実は、一般OAオペレーターの平均時給は1350円〜1600円であるが、キャドオペレータは1800円〜2000円。
 
これを見てもニーズが高いのがお分かりであろう。
仮にCAD資格を持っていれば、就職時かなりの武器となる事は間違いない。
 
CAD検定資格としては、社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA)が実施するCAD利用技術者試験(1級・2級)及び、3次元CAD利用技術者試験がある。
これは、公式に認められた資格であり人気が高い。
 
特に、三次元CAD資格については、三次元CAD自体が、最近出来たソフトウェア(AutocadやCADPACが三次元対応)であるため、その人材が不足しているのが現状である。
その他、既にキャドオペレーターとなっている様方向けに、CAD検定協会の実施するCAD実務キャリア認定制度がある。
 
これは、実務レベルでのCAD技術が試されるもので、CADの利用技術者試験を経て合格者には、CAD実務キャリア認定されると言うものだ。
 
今後、益々ニーズの高まるCAD資格、CAD資格をこれから取得したいと言う方は、下記を参考にしてみると良いだろう。
▼CAD利用技術者試験2級公式ガイドブック(平成18年度版)▼

| その他CADニュース


AutoCAD、JwCADも学んでみたい!という方に・・・

最近のCADオペレーターは複数のCADを使える方の方が多いです。
もし、本気でスキルアップを目指すなら、汎用性の高いAutoCAD、JwCADも学んでみてはいかがですか?

まずは、通信講座やスクールの資料を取り寄せてみて下さい。

>>「CAD利用技術者試験1級」の資格にも対応!がくぶんのCAD講座の詳細はこちら

CADオペレーターが建設業界で不足!?は参考になりましたか?

CADPACに関して他にありましたら、QandAからお調べ下さい^-^
また、ご要望等がありましたら、当方までお気軽にお問い合わせ下さい。

<<[前]fdcファイルって何ですか?
>>[次]修正ファイルのリリース(二点回転配置モード)

CADPAC.netのTOPへ
"CADオペレーターが建設業界で不足!?"のTOPへジャンプ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。