| CADPACの概要 | CADPACの種類 | 使い方 | その他CADニュース | Q&A | 質問募集 | CAD用語辞典 | 素材ダウンロード | CADPAC | オートキャド | マイクロキャダム

基本メニューについて(その1) はキャドパックの使用方法や貴方の質問・疑問に答えます

■CADで資格取得してみませんか?まずは、公式ガイドブックでチェックしよう!



基本メニューについて(その1)

CADPAC(キャドパック)のメニューの見方を解説します。
まず、今回は基本メニューのうち、「ファイル」「作図」「編集」「構成」の説明をします。 CADPACを開くと、デフォルトのメニューは下記の画像データのように、メニューが現れます。赤線部分が「基本メニュー」です。基本メニューは、左から順に、「ファイル」「作図」「編集」「構成」「補助」「表示」「ウィンドウ」「専用」「ヘルプ」となっています。(CADPAC-FUSION.2Dの場合を示します。他の場合は若干異なる場合がございますのでご了承下さい)
キャドパックでは、基本的に、全ての操作は、この基本メニューの部分で行う事が可能です。なお、短縮コマンドとして、キーボードでのコマンド入力もできます。では、それぞれの基本メニューが何を示しているのかをそれぞれ解説します。
キャドパックのツールバー 「ファイル」
その図面の管理を行います。図面の保存、上書き保存、名前を付けて保存、印刷設定、図面の変換(入出力)は、この「ファイル」より行います。
「作図」
図面の作図を行います。線、円、楕円、三角形、長方形、寸法線などなど全ての作図は基本的にこのタブより行います。接線、接円、中心線、など難しい線形でもこのタブから全て作図機能に繋がっています。
「編集」
作図した図形の編集を行います。図形の複写コピー・移動・切取りなど全てこのボタンより行います。この機能を使えば、図面作成のスピードも格段に上がりますので、使いこなす必要がありますね。
「構成」
画面の構成を自分に合うようにカスタマイズする際に用います。レイヤーや線スタイル、文字スタイルなどのダイアログを画面に表示させたり、ツールバーをカスタマイズする事ができます。  
これらのメニューを覚える事は、CADPACを学習する際の初歩中の初歩ですので、必ず覚えるようにして下さい。
次回は、他のメニューについても解説していきます。

〔PR〕CADをもっと詳しく学びたい、資格を取りたい方はこちらです。  
▼CAD利用技術者試験公式ガイドブック▼

| 使い方


AutoCAD、JwCADも学んでみたい!という方に・・・

最近のCADオペレーターは複数のCADを使える方の方が多いです。
もし、本気でスキルアップを目指すなら、汎用性の高いAutoCAD、JwCADも学んでみてはいかがですか?

まずは、通信講座やスクールの資料を取り寄せてみて下さい。

>>「CAD利用技術者試験1級」の資格にも対応!がくぶんのCAD講座の詳細はこちら

基本メニューについて(その1)は参考になりましたか?

CADPACに関して他にありましたら、QandAからお調べ下さい^-^
また、ご要望等がありましたら、当方までお気軽にお問い合わせ下さい。

<<[前]修正ファイルのリリース(二点回転配置モード)
>>[次]DXFのファイルになっていて開けません。

CADPAC.netのTOPへ
"基本メニューについて(その1)"のTOPへジャンプ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。