| CADPACの概要 | CADPACの種類 | 使い方 | その他CADニュース | Q&A | 質問募集 | CAD用語辞典 | 素材ダウンロード | CADPAC | オートキャド | マイクロキャダム

基本メニューについて(その2) はキャドパックの使用方法や貴方の質問・疑問に答えます

■CADで資格取得してみませんか?まずは、公式ガイドブックでチェックしよう!



基本メニューについて(その2)

CADPAC(キャドパック)のメニューの見方の2回目です。
今回は基本メニューのうち、「補助」「表示」「ウインドウ」「専用」「ヘルプ」の説明をします。 

これらは、前回の基本メニューについて(その1)に説明した作図機能を補助したりシステムの設定をしたりするメニューです。
それぞれ解説します。

まず、CADPACを開きますと、下記の画面が出ますが、上記にメニューが表示されます。
(今回は、その基本メニューのうち右半分のメニューの解説です)

キャドパックのツールバー「補助」

こちらは、主に計測をするためのメニューになります。
作図した図形の線の長さ、ある二点間の距離、円の面積など、数量を計測する為に用いるメニューになります。
CADPACが便利なところは、これらの長さや面積の累計を簡単に選択しながら合計する。
つまり足し合わせでの計算を行える事です。
例えば、異なる二本の線の合計の長さや、異なる複数の円の面積合計をこの「計測」メニューで計測する事ができます。

「表示」
表示メニューは、各種ツールの表示方法を設定したり、図形を選択したりする際の、ポインターの感度、図形選択時の色の設定などが出来ます。
「ウィンドウ」
同じ画面上で異なる図面を複数開いたり、表示する図面をここで選択する事ができます。異なる図面を開いて作業する事で、作業効率のUPもできますね。
「専用」

こちらは、専用メニューとなり、CADPACのオプションメニューにより異なる部分です。
「土木」のオプションの場合、ここで、土質柱状図の作成、擁壁図形の作成、土留め(SMWや鋼矢板、鋼管矢板他)などの専用の図形が作成できます。
また、幾何線形メニューでは、クロソイド曲線やS字曲線、sin曲線などの線形の作成もできますし、座標の表示などもここで行えます。

「ヘルプ」
CADPAC(キャドパック)のバージョン情報の他、CADPACに関して分からない事は、ここでヘルプメニューを開く事により、キーワード毎に使用方法などが解説されています。

以上で、基本メニューの説明を終了します。
次回からは、個別メニューについても解説していきます。


〔PR〕CADをもっと詳しく学びたい、資格を取りたい方はこちらです。 
▼CAD利用技術者試験公式ガイドブック▼

| 使い方


AutoCAD、JwCADも学んでみたい!という方に・・・

最近のCADオペレーターは複数のCADを使える方の方が多いです。
もし、本気でスキルアップを目指すなら、汎用性の高いAutoCAD、JwCADも学んでみてはいかがですか?

まずは、通信講座やスクールの資料を取り寄せてみて下さい。

>>「CAD利用技術者試験1級」の資格にも対応!がくぶんのCAD講座の詳細はこちら

基本メニューについて(その2)は参考になりましたか?

CADPACに関して他にありましたら、QandAからお調べ下さい^-^
また、ご要望等がありましたら、当方までお気軽にお問い合わせ下さい。

<<[前]CADPAC(キャドパック)紹介キャンペーンについて
>>[次]CADPACの円弧が円になって出力される

CADPAC.netのTOPへ
"基本メニューについて(その2)"のTOPへジャンプ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。